転職は逃げなのだろうか?

転職は逃げなのだろうか?

転職エージェントに相談!

逃げの転職が悪い?

転職をしようか迷っている人は、転職をすることは逃げているのかどうかと考えることがあると思います。また転職を相談した相手からそれは逃げているだけじゃないかと言われた経験を持つ人もいるかもしれません。しかし、自分が転職をすることで何かから逃げているかどうか、という答えは正直誰にもわかりません。そのため転職をする際は逃げの転職でもなんでも構わないと開き直ることが大切です。
そうは言っても開き直れないという人もいると思いますので、そもそも逃げの転職が悪いのかどうかという点から考えていきましょう。ではこの逃げの転職について深く掘り下げていきます。

何から逃げているのか

転職をすることで何から逃げているかが明確に理解している人はいるでしょうか。わからない人もいるかもしれませんが、まず逃げの転職と言われるからには何かから逃げているとも言えます。しかし、基本的に転職はネガティブな言い方をされているだけで逃げの転職も前向きな転職と本質的には変わりません。
例えば今より給与が良いところで働きたいと考えている人は、安月給から逃げています。そしてもっとキャリアアップしたいと前向きな転職でも、これからキャリアを積めないことから逃げています。つまり、逃げの転職は言い方を悪くされただけであって、転職をする人はもれなく全員何かから逃げています。

では逃げの転職は正解か

言い方を悪くすると転職者はどれだけ前向きな目標を持っていても、何かから逃げています。ではどんな状況においても転職をしても良いかと言われればそうではありません。給料が低いから嫌だという逃げの転職は成功しにくいと言えます。それは目的がないため、この次も結局給料が低いところに転職をしてしまう可能性がとても高いからです。
逃げの転職は逃げた先がとても重要になりますので、給料が低いからもっと稼げる仕事に逃げ込む必要があります。周りからの評価が低いと感じて逃げるのであれば、次はもっと自分のスキルが目立つ仕事先へ逃げ込まなければなりません。つまり逃げの転職を成功させるためには目的を持って逃げた先を見据える必要があります。

会社、仕事、人間関係で「逃げ出したい! 」と思ったとき読む本詳細
この本は会社や人間関係から逃げ出したいと思った時に読んで欲しい本で、なにかから逃げることが必ずしも悪いことではないと理解できるはずです。
会社、仕事、人間関係で「逃げ出したい! 」と思ったとき読む本
逃げるが勝ち詳細
さまざまなことから20代の頃に逃げ続けた著者が最終的に好きになれる仕事を見つけることができた逃げの転職成功例をこの本で知ることができます。
逃げるが勝ち

悩めるあなたにおすすめの記事!

  • 仕事の相談を避けるべき相手

    仕事の相談を避けるべき相手

    当たり前ですが仕事の相談は誰に相談しても同じではありません。そのため仕事の相談相手はよく選ぶべきですが、絶対に相談をしてはいけない相手も存在しています。その仕事の相談を避けるべき相手は知っておきましょう。

  • 転職は逃げなのだろうか?

    転職は逃げなのだろうか?

    転職を考えていることを伝えたり、実際に転職するので辞めますと伝えるなどの転職の相談をした際は逃げなのかどうかという話題になることがあります。この逃げの転職と言われる転職について深く考えてみましょう。

  • 看護師の悩み

    看護師の悩み

    看護師は医療現場で働くことの多い仕事ですので、大きなやりがいを持って働く反面、命を扱うというプレッシャーなどで様々な悩みを抱えている人も多いです。そんな看護師の抱えやすい悩みについて紹介します。