看護師の悩み

看護師の悩み

働くみんなの仕事の悩みとは?

看護師の悩み

看護師は多くの人がやりがいを持って働いていますが、様々な悩みを抱えている職種です。仕事の悩みはそれぞれの業界で悩みやすいことがありますが、看護師の仕事で悩みとなりやすいものについて紹介していきます。

夜勤がつらい

看護師の職場は多くが24時間体制で働くことになりますので、夜勤のシフトが入っている職場が多いです。そのためこうした夜勤のある病院では日勤と夜勤といったシフトに分かれ、平均して月に4回ほど夜勤のシフトが入ることになります。看護師は女性が多いという特徴もあるため、結婚や出産といったライフスタイルの変化によって夜勤がつらいと悩みを抱える人が多いです。

責任が重い

看護師は医療現場で働く仕事ですので、細心の注意を払って医療事故に常に気をつけながら仕事をすることになります。看護師は医療事故を起こしてしまうと医療事故の加害者として対象に入ります。そのため自分が医療事故を起こしてしまうかもしれないというプレッシャーを常に持ちながら働くことになります。こうした不安が大きくなってしまい、悩みとして抱える看護師の人も少なくありません。

休みが少ない

看護師は就職先に困らないと言われますが、それはつまりどこも人手不足だということがわかります。そのため人手が足りていないことを補うために一人あたりの負担も大きくなります。一人あたりの負担が大きくなることによって一月で休みを希望できる数が少なくなってしまったり、休み自体が取りづらいという悩みを抱える看護師は多いです。

残業が多い

看護師という職業が多忙だと言われる原因には人手不足という大きな根本があり、人手不足を補うために残業を多くしなければならないことも多忙と言われる原因の一つです。定時を大幅に超えて深夜近くまで残業をしているというケースもあるようです。そしてなにより緊急時であれば人の命に関わる仕事ですので、残らなければならないような状況もあります。そのため残業が多いことは看護師の悩みとしてよくあります。

人間関係が面倒くさい

看護師は個人で看護をしていくのではなく、チームで連携をして看護をしていく仕事です。そのためどうしても人間関係を形成する必要がありますが、女性が多いということもあり、些細なことで空気が悪くなってしまうといったケースもあるようです。こうした人間関係が複雑になってしまい、働きづらくなることに悩む看護師はとても多くいます。

悩めるあなたにおすすめの記事!

  • 仕事の相談を避けるべき相手

    仕事の相談を避けるべき相手

    当たり前ですが仕事の相談は誰に相談しても同じではありません。そのため仕事の相談相手はよく選ぶべきですが、絶対に相談をしてはいけない相手も存在しています。その仕事の相談を避けるべき相手は知っておきましょう。

  • 転職は逃げなのだろうか?

    転職は逃げなのだろうか?

    転職を考えていることを伝えたり、実際に転職するので辞めますと伝えるなどの転職の相談をした際は逃げなのかどうかという話題になることがあります。この逃げの転職と言われる転職について深く考えてみましょう。

  • 看護師の悩み

    看護師の悩み

    看護師は医療現場で働くことの多い仕事ですので、大きなやりがいを持って働く反面、命を扱うというプレッシャーなどで様々な悩みを抱えている人も多いです。そんな看護師の抱えやすい悩みについて紹介します。