営業職の悩み

営業職の悩み

働くみんなの仕事の悩みとは?

営業職の悩み

営業職は会社のために契約を取ってくる仕事です。売り込みたい商品をすでに欲しいと感じているお客さんは直接連絡をしてきてくれますが、営業職の仕事は売り込みたい商品を相手が知らない、またはいらないと感じている段階から始まります。そのため相手に邪魔者扱いされてしまったりすることも多く、精神的に疲れてしまうことが多いと言えます。そんな営業職のよくある悩みについて紹介していきます。

ノルマが厳しい

営業は数字が求められることがとても多いため、ノルマとして月々にどれだけの契約を取るべきかといった目標数値を設定されていることが多いです。そのため営業職は常にその数字と戦うことが求められています。しかし月の前半に満足のいく契約が取れず、最後までずるずるといってしまうと上司からかなり詰められることがあります。ノルマの締め日まであと3日という状況の中でノルマが現実的に不可能な数値でも容赦なく詰められることは珍しいことではありません。こうした数字のプレッシャーを悩みとして抱える営業職は多いです。

顧客を騙している感覚

本当に自信を持って売れる商品であれば問題ありませんが、自社の商品に全く自信を持てず、それどころか売ることで相手にデメリットとなることがわかっている場合はかなりつらいです。しかし契約しなければ自分の数字にはなりませんのでノルマのために売るしかないという状況は、自分はなんて嫌な奴なんだと自己嫌悪に陥ることもあります。
さらに、効果が出ないことでクレームが来るようになると相手を騙したような気持ちになってしまいます。もっとお客さんに喜んでもらえるよう営業をしたいと考えているにも関わらず、自社の効果が出ないと目に見えてわかっているものを売らなければならないジレンマに悩む人ことがあります。

飛び込み営業

電話でアポイントが取れないため、自らの足で直接赴いて営業をしにいくことにした際に、何社も何社も断られ続けると精神的につらくなってきます。断られるだけであればそこまで深く悩む人は少ないですが、どこか邪魔者扱いされてしまうことも多いのが飛び込み営業です。
こうした飛び込み営業が厳しいので電話でアポイントを取ろうとしても、挨拶をしている段階で電話を切られてしまったりすることもあります。そのため自分が否定されたかのような気持ちになってしまい、自分は嫌われていると思い込んでしまうこともあります。こうした相手に嫌悪感を持たれがちなところも営業職のよくある悩みです。

悩めるあなたにおすすめの記事!

  • 仕事の相談を避けるべき相手

    仕事の相談を避けるべき相手

    当たり前ですが仕事の相談は誰に相談しても同じではありません。そのため仕事の相談相手はよく選ぶべきですが、絶対に相談をしてはいけない相手も存在しています。その仕事の相談を避けるべき相手は知っておきましょう。

  • 転職は逃げなのだろうか?

    転職は逃げなのだろうか?

    転職を考えていることを伝えたり、実際に転職するので辞めますと伝えるなどの転職の相談をした際は逃げなのかどうかという話題になることがあります。この逃げの転職と言われる転職について深く考えてみましょう。

  • 看護師の悩み

    看護師の悩み

    看護師は医療現場で働くことの多い仕事ですので、大きなやりがいを持って働く反面、命を扱うというプレッシャーなどで様々な悩みを抱えている人も多いです。そんな看護師の抱えやすい悩みについて紹介します。