職場に相談できる人がいない理由

職場に相談できる人がいない理由

身近に相談できる人はいますか?

相談できる人がいない理由を知ろう

仕事の相談をしたいと思った時に、相談相手が友人では自分の抱えている仕事内容もほとんどわかりませんし、実際にどのような人がいてどういった状況にいるのかはどれだけ頑張ってもなかなか正確には伝わりません。そのため的確なアドバイスを受けられるかどうかという点においては友人では難しいので、やはり仕事の相談は同じ仕事をしている職場の人に相談をしたいと考えるはずです。
しかし、そんな職場で相談できる相手がいないと感じている人は特に女性に多くいるようです。職場で相談できる人がなぜいないかという理由についてここではまとめていきたいと思います。職場で相談できる相手がいない理由を知ることで、どこに問題があるのかを理解できるかもしれません。

信頼関係がない

何かを相談することは自分の心を相手に打ち明けることですので、信頼関係がなければそもそも相談しようという気持ちにすらなりません。そのため職場の人たちと打ち解けられていないと感じてしまうことで、信頼をおける相談相手が見つからず相談できる人がいない理由になることがあります。

噂が好き

社内で噂話が多くされているような会社では相談できる相手がいないと感じる人が多いです。自分の相談内容も噂話として広がってしまうような不安を感じることは当然ですので、誰かに相談をすることで自分の相談内容がみんなに広がってしまうことを避けて相談しないということにつながってしまいます。これが原因となって同僚や上司との間に信頼関係を築けないこともあります。

相談しにくい雰囲気

社内が誰かに相談をするという当たり前の状況が作れていない会社があります。そのような会社では自分のことで精一杯という人も多いため、相談をする時間を作ってもらうことがそもそも難しいというようなことが起きます。会社はそれぞれで文化が形成されていますので、そういった会社の文化であればしょうがないとも言えますが、働きやすい環境という観点で見ると働きにくいと感じる人は多いはずです。

相談したいと思えない

相談をしたいという気持ちになるということは誰かに的確なアドバイスをもらいたいと思っています。そのため何かに悩んでいることから解決するためのきっかけが欲しいとも言えます。そんな状況の中で周りを見渡してみて的確なアドバイスをもらえそうだという期待を持てる人が誰もいなければ、自分から相談をしたいと思えないことは当然です。こういった相談するメリットが感じられない人ばかりだと思っている場合は相談できる相手は見つかりません。

悩めるあなたにおすすめの記事!

  • 仕事の相談を避けるべき相手

    仕事の相談を避けるべき相手

    当たり前ですが仕事の相談は誰に相談しても同じではありません。そのため仕事の相談相手はよく選ぶべきですが、絶対に相談をしてはいけない相手も存在しています。その仕事の相談を避けるべき相手は知っておきましょう。

  • 転職は逃げなのだろうか?

    転職は逃げなのだろうか?

    転職を考えていることを伝えたり、実際に転職するので辞めますと伝えるなどの転職の相談をした際は逃げなのかどうかという話題になることがあります。この逃げの転職と言われる転職について深く考えてみましょう。

  • 看護師の悩み

    看護師の悩み

    看護師は医療現場で働くことの多い仕事ですので、大きなやりがいを持って働く反面、命を扱うというプレッシャーなどで様々な悩みを抱えている人も多いです。そんな看護師の抱えやすい悩みについて紹介します。