飲食業の悩み

飲食業の悩み

働くみんなの仕事の悩みとは?

飲食業の悩み

飲食業は独立した店舗やホテルなどで食事を提供することが仕事になります。そのためお客さんは自宅ではなく、別の場所に来て食事をすることになりますので、清潔感などはとても大事な要素になります。そんなお客さんがデリケートになりやすい業界だからこそある悩みなども多くあります。飲食業で働く人が抱えやすい悩みについて紹介していきます。

シフトが組みにくい

飲食業で本当によくある悩みが人手不足から来るシフトの組みにくさです。売り上げ予算をベースにその月に使える人件費の予算が組まれ、その予算の中でアルバイトや社員のシフトを組んでいくことになります。しかし、人手不足によってそもそもシフトを組めるような人員がいないといった悩みを抱えることがあります。
週末に特に忙しくなる飲食業では平日よりも週末に多くの人員を割きたいと考えても、人員が10人の店舗では10人の人手を用意しようとしても、平日のみ勤務の人、休みを取っている人もいるため10人で営業ができないこともあります。シフトを組むというよりもとにかく忙しいときは出勤できる人は出勤するといった状況になることもあります。この人手不足から来るシフト編成は悩みとして抱えやすいです。

クレーム処理

飲食業は口に入れるものを提供する場ですので、お客さんにとってはかなりデリケートに感じる部分が多いです。グラスの飲み口から提供するお皿はもちろん、店内の清潔感や匂いといった細かい配慮が必要不可欠です。しかし十分に配慮をしていたとしても、それでもグラスが汚いといったクレームを受けることは日常茶飯事です。そのためクレーム処理は飲食業の多くの人が抱える悩みです。
アルバイトがお客さんにドリンクをこぼしてかけてしまったということが起これば、丁重に謝らなければなりません。そして中には優しいお客さんだけではありませんので、暴言を吐かれてしまうことはよくあります。

孤独を感じる

飲食業はそのお店の営業時間にもよりますが、多くは昼前から出勤してその日の深夜までといた営業時間となっています。そのため1日のほとんどを潰されてしまい、特にプライベートな時間として使いたい仕事後の夜19時に仕事から解放されていることはほとんどありません。そのため誰かと過ごすことを考えても時間が合わないことから孤独を感じやすくなります。こうした独りの時間が多くなってしまうことを悩みとして持つ人も少なくありません。

悩めるあなたにおすすめの記事!

  • 仕事の相談を避けるべき相手

    仕事の相談を避けるべき相手

    当たり前ですが仕事の相談は誰に相談しても同じではありません。そのため仕事の相談相手はよく選ぶべきですが、絶対に相談をしてはいけない相手も存在しています。その仕事の相談を避けるべき相手は知っておきましょう。

  • 転職は逃げなのだろうか?

    転職は逃げなのだろうか?

    転職を考えていることを伝えたり、実際に転職するので辞めますと伝えるなどの転職の相談をした際は逃げなのかどうかという話題になることがあります。この逃げの転職と言われる転職について深く考えてみましょう。

  • 看護師の悩み

    看護師の悩み

    看護師は医療現場で働くことの多い仕事ですので、大きなやりがいを持って働く反面、命を扱うというプレッシャーなどで様々な悩みを抱えている人も多いです。そんな看護師の抱えやすい悩みについて紹介します。